やまこ母自伝

都会で働いていた山好きOLが、長野県伊那市に移住するまでのストーリー

やまこ母
やまこ母
こんにちは、やまこ母です。 

ブログを始めて5ヶ月が経ちました。ここで改めて私の自己紹介と、伊那市に移住するまでのストーリーをお話ししたいと思います。

この記事をオススメする人
  1. やまこ母について知りたい人
  2. いつかどこかに移住したいと思っていて、実際の移住者のストーリーを聞きたい人
  3. 人の人生を動かすほどの魅力が、長野県にあることを知りたい人

出身は滋賀県甲賀市

生まれは滋賀県甲賀市。今ちょうど朝の連続テレビ小説「スカーレット」で舞台になっている場所です。

滋賀県は盆地で、山はあるけれど低い里山に囲まれている感じです。

やまこ母
やまこ母
その頃は大人になってから、こんなに山にハマる人生になるとは思いもしませんでした。

ちなみに、やまこ父の実家は神奈川県相模原市なので、長野県伊那市はちょうどお互いの実家の中間地点あたり。半日もあれば余裕で帰れますが、お互いのじーじ、ばーばとは離れているので、基本2人で子育てをしています。

高校を卒業してから上京

滋賀県で高校を卒業し、行きたい学校が東京にあった為上京。

関西の人って、基本関西語圏内にとどまることが多いんですよね。標準語圏は、言葉が違うだけで異国のように感じてしまって。言葉ですごいカルチャーショック受けるんです。

私も当初は計画になかったのですが行きたい学校がある為上京する事になり、そこから気づけば18年、東京と横浜で暮らすことになりました。

行っていた学校は新宿にあるアメリカの大学の日本校。授業は全て英語で行われますが、受講生はほとんど日本人なので、クラスが終われば日本語を話すという感じでした。

学校を卒業してからは特別やりたい事が見つからなかったのですが、とりあえず英語を忘れないようにと、英語を使える事務系の仕事をしていました。何回か転職しましたが、職場によっては毎日終電で帰るような仕事もありました。

とりあえず平日は仕事に時間をささげる生活でしたね。

20代後半に憧れのマチュピチュに行ったのが転機

20代後半辺りから、以前から憧れていた、南米ペルーにあるマチュピチュに行きたくなりました。

それも電車やバスで行くのではなく、インカトレッキングという、古代インカで使われていた山道を3泊4日歩いて、マチュピチュに辿り着くという方法で行きたいと思ったのです。

やまこ母
やまこ母
そもそもこの時点では山歩きなどした事がなかったんですよね

なぜその方法を選びたかったのか分かりませんが、旅をしながら自分の足で憧れのマチュピチュに辿り着くスタイルに無性に惹かれました。

その頃は山登りはおろか、そもそも運動をしていなかったので、マチュピチュに行く体力をつける為に!山登りを始めました。

北アルプス穂高連峰の懐にある涸沢(からさわ)に、トレーニングで初めて行った時の山の美しさ、楽しさは衝撃的で、そこから山に目覚めました。

トレーニングの甲斐あって、マチュピチュへのインカトレッキングも無事歩ききることができました。ちなみに、一緒に歩いた旅仲間として出会ったのがやまこ父です。その時の仲間とは不思議と今でも縁があって、家族ぐるみでの付き合いをしています。

インカトレッキング

 

ペルーから帰国した後は、取りつかれたように(笑)、国内外色々な山に登り続けました。日本は百名山を目指して九州から北海道まで(まだ達成まで半ばですが)、海外もスエーデンや、ニュージーランド、ネパールまで山歩きをしにいきました。

テント食料を担いで100kmを5日間で歩いた、スウェーデンでのトレッキング

 

ガイドさん達と 16日間歩いたエベレスト街道 標高5550m地点

 

ストイックな山歩きから、山好きサークルを作って、みんなでゆるい山歩きまで。

やまこ母
やまこ母
とりあえず山が好きで好きでたまらない時期でしたね。

やまこ父とも結婚式をあげるのですが、場所は千畳敷でした。中央アルプスの木曽駒ケ岳の懐ですね。標高2600m、ちなみに季節は2月、若干吹雪いていてマイナス15度の世界でした。

千畳敷での結婚式 マイナス15度(笑)

 

ちなみに…やまこ父と結婚した理由は、一緒に山に行っていて、一番頼れる人だと思ったからです。

ゴールデンウィークに北アルプス縦走に行った際、吹雪の中ガイドさんも道が分からなくなりグループ遭難か??と思った際に皆を助けてくれたのはやまこ父でした。

やまこ母
やまこ母
今後の結婚生活で万が一、方向性を見失う事がでてきたら、原点を思い返そうと思います (笑)

山を愛してやまない日々 → 長野へ移住

国内外色々な山に行った中でも、私は日本の、特に長野の山が大好き!

長野に移住してくる直前は横浜に住んでいましたが、週末はほとんど長野に通う生活をしていました。これは、もう住んだ方がいいのではないかと思い始めます。

やまこ母
やまこ母
とは言え、長野県と言っても広いですよね

住む場所によって雰囲気も違うし、見える景色も違います。

住む場所は「開けていて、北、中央、南、どれでいいので、日本アルプスが見える場所!」という漠然としているものの、はっきりとしたイメージがありました。

やまこ父とタイミングを合わせて退職し、最初の移住地茅野市に移り住みました。茅野市も本当に山が綺麗に見えて素晴らし場所でした。

1年半住んだ後に、私の妊娠、やまこ父の転職が重なり、辰野町に移住することに。そこから、最終的には今住んでいる伊那市に移り住みました。

実は長野県に来てから、3回移り住んでいます。移住は住んでみると色々見える事も多いので、これから移住を考えている人には、最初からこの場所だ!とあまり決めつけ過ぎずに、臨機応変に対応される事をオススメしています。

最終的に移住先を長野県の中でも伊那市にした理由はこちら↓

長野移住 伊那市に決めた4つの理由 信州の山々に憧れて、横浜市から長野県へ移住しました。 一言に長野県といえど南北に長く、どうやら気候や文化も地域ごとに違いそ...

今の場所は最初にイメージしていた通りの、開けていて、ばっちり家から南アルプスが見える場所です!2転3転ありましたが、居心地のいいこの場所で、これからやまこちゃんの子育てを楽しんでいきたいと思っています。

伊那市移住 それぞれの季節を楽しむ為のコツ!横浜市から長野県に引っ越してきて、一番身近に感じているもの。それは間違いなく四季の移り変わりです。 都会にいた時はなかなか日々の生...

子育てしながらブログを書き始めた理由

長野の山に憧れて移住して、今は毎朝南アルプスから昇る朝日を受け、毎日がスタートしている幸せな毎日です。

あんなに恋い焦がれていた長野の山々も、毎日眺めていられるとそれだけで満たされて、登らなくても大丈夫になりました(笑)

やまこ母
やまこ母
そもそも妊娠、出産で体力もゼロになってしまいましたが

伊那の新居でやまこちゃんも産まれて、しばらくは山に行きたくても行けないので、好きな山を眺めながら子育てできる環境というのは、本当に今の私にとってこれ以上ない恵まれた環境だと思っています。

野ノ花助産院|長野県駒ヶ根市|自宅出産してみました 横浜から上伊那地域に移住してきてびっくり! 助産院や病院など、妊婦にとってどの環境で産むかの選択肢がたくさんあるんですよね...

そんな中ブログを書こうと思った理由は、私が今体験している事をどこかで情報として必要としてくれている人がいるのではないかと思ったからです。

実際移住してくる前の私にとってみたら、こんなブログがあったら嬉しかったと思うので。

やまこ母
やまこ母
数年前の私に向けて書いている感じです。

後はまだまだ先になりそうですが、子どもを見ながら自宅での仕事にできたらと、ブログでの収益化も目指しています。

どこかの誰かにこのブログがお役にたったら嬉しいなと思いつつ、子育ての合間に書き溜めて行こうと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

やまこ母
やまこ母
よかったら、こちらの記事もどうぞ! 



ABOUT ME
やまこ母
やまこ母
登山が好きで、信州の山々に憧れ、夫婦で神奈川県から長野県へ移住して3年目。茅野市→辰野町→伊那市と移り住み、同じ長野県内でも文化や地域性の違いを感じる。毎日家から望める南アルプスを眺めながら、自宅出産で生まれた0歳児 やまこちゃん の子育てを伊那市で満喫中。行く場所、出会う人全てにワクワクしながら、移住者目線ならではの暮らしの楽しみ方をお伝えします!